2018年4月29日(土)16時~/17時30分~(2部構成)

 

春の共和国まつり  in 石引パブリック

ゲスト:栗原康さん(政治思想史)、岩津航さん(フランス文学者)


昨年10月に続いて今年も東京の出版社「共和国」が、石引パブリックでトークイベントを開催します。今回は豪華ゲストをおふたりもお招きする2部構成。

まずは、アナキストたちの評伝をはじめつぎつぎと話題作を発表する政治学者の栗原康さんが金沢で初講演。そして、翻訳『収容所のプルースト』(ジョゼフ・チャプスキ著)が各紙の書評で絶賛されている、フランス文学者の岩津航さん。

いずれも必見の連続トークです。多くのみなさんのご来場をお待ちしています。


【第1部】(16時00分~)

 

生きのびるための文学――『収容所のプルースト』を読む

 

岩津 航(フランス文学)

 

入場料:1000円

*『収容所のプルースト』を石引パブリックでご購入の方は無料!(事前でも当日でもOK!)*1部+2部に通しでご参加の場合は2000円

 

零下40度の極寒のソ連の収容所という過酷な条件のなかで著者はプルーストの講義を始める。地獄のような条件下で文学を読む意味とは。そしてなぜ『失われた時を求めて』だったのか。訳者の岩津航さんにお話しをうかがいます。

 

_________

 

朝日・日経などのメディアで絶賛!

http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2018031800006.html

https://allreviews.jp/review/2045

http://dokushojin.com/article.html?i=3021

 

 

【ゲスト】

岩津航(いわつ・こう)

金沢大学人間社会学域教授。専攻は、フランス文学、比較文学。著書に、『死の島からの旅:福永武彦と神話・芸術・文学』(世界思想社)など、訳書に、ロマン・ガリ『夜明けの約束』(共和国)などがある。

 

【司会・進行】

下平尾直(しもひらお・なおし)

2014年に出版社「共和国」を樹立、既刊31点。最新刊は、池田浩士『[増補新版]抵抗者たち:反ナチス運動の記録』、南方熊楠ほか『熊楠と猫』。編書に『燃えるキリン 黒田喜夫詩文撰』(共和国)などがある。

共和国 ホームページ https://www.ed-republica.com/

 


【第2部】(17時30分~)

 

あなたもわたしもテロリスト――20世紀のテロについて考える

 


栗原 康
(政治学・アナキズム研究)

 

入場料:1500円

*1部+2部に通しでご参加の場合は2000円

 

日本の近代のはじまりとともに登場した「テロリスト」。なぜ彼らは自分の生命を賭してまで爆弾を投じたの? テロによって国家権力を転覆させることはできる? 幸徳事件から大杉栄とギロチン社、そして戦後の連合赤軍や反日武装戦線まで、気鋭の政治学者と考えます。

 

 

 

【ゲスト】

栗原 康(くりはら・やすし)

政治思想史・アナキズム研究者。東北芸術工科大学非常勤講師。著書に、『大杉栄伝』(夜光社)、『現代暴力論』(角川新書)、『村に火をつけ、白痴になれ:伊藤野枝伝』(岩波書店)、『死してなお踊れ:一遍上人伝』(河出書房新社)がなどがあるほか、『日本のテロ:爆弾の時代60s-70s』(河出書房新社)を監修。

   

 

【司会・進行】

下平尾 直(しもひらお・なおし)

2014年に出版社「共和国」を樹立、既刊31点。最新刊は、池田浩士『[増補新版]抵抗者たち:反ナチス運動の記録』、南方熊楠ほか『熊楠と猫』。編書に『燃えるキリン 黒田喜夫詩文撰』(共和国)などがある。

 

共和国 ホームページ https://www.ed-republica.com/

※『収容所のプルースト』を購入予約されたい方はその旨をご記入ください


2018年6月17日(日)OPEN 13:30/START 14:00

 

生きづらさは生きるエネルギーだっ! とびきりのカタルシスがやってくる!

ポエトリーリーディング&オープンマイク  in 金沢

出演:成宮アイコ(朗読詩人)、 青山祐己(ピアノ・ボーカル)

主催:中島江理子


【募集企画】~あなたの言葉が聞きたい~ 

当日オープンマイクやります!どなたでも参加できます。日頃感じている生きづらさについて話してみませ

んか?朗読、絶叫、弾き語り、踊り等さまざまな表現OKです。お一人様2~3分程度でお願いします。

当日参加も歓迎ですが時間の都合上お断りする場合もございますので、なるべく事前のご予約をお願いしま

す。

 

ご予約、問い合わせ dharma218617@gmail.com(中島江理子

 

「傷つかない人間なんていると思うなよ」と、生きづらさを見ないふりをする社会に争うために詩を書き続ける朗

読詩人の成宮アイコと、演劇的な雰囲気を持つ青山祐己のピアノと楽曲が合わさり、あなたの感情がかき消さ

 

れてしまわないように言葉と歌を鳴らし続ける。

 

■成宮アイコ(朗読詩人)

http://aico-narumiya.info

機能不全家庭で育ち、不登校・リストカット・社会不安障害を経験した朗読詩人。赤い紙に書いた生きづらさと

人間賛歌をテーマにした詩や短歌を読み捨てていくスタイルのライブがフジテレビ「スーパーニュース」、NHK「

福祉ネットワーク」や「朝日新聞」「東京新聞」「神奈川新聞」などで紹介され、全国で興行。ポエトリーリーディングならぬスクリーミングと呼ばれることもある。大ホールでの真面目なシンポジウムから、地下ライブハウス、サブカルチャー系トークイベントなど何でも出演。赤裸々な言動でYouTubeやAmebaからコンテンツを消されたことがあるので、絶対に黙らないでいようと心に決めている。2017年9月『あなたとわたしのドキュメンタリー』(書肆侃侃房)刊行。

■青山祐己(ピアノ・ボーカル)

https://www.aoyama-yuki.com

ピアノ弾き語りシンガーソングライター。演劇的な雰囲気をどことなく持ち、ソロでのピアノ弾き語りの他、バンドでのライブやピアノでのサポート、朗読や劇の伴奏等もしている。その様子は酔いどれピアノポップと呼ばれて

いる。日本酒バイヤー兼アドバイザーとしても活動。 趣味で始めた短歌がNHK短歌 で入選。2015年より音楽

×日本酒企画『徳利傾けて』を始動。群馬前橋まち映画「クラッチヒッターみなみ」主題歌作曲担当。

 

●チケット:前売¥1,500/当日¥2,000(ドリンク代別)

ご予約、問い合わせ:dharma218617@gmail.com