2019年4月14日(日)開催

日下慶太『迷子のコピーライター』刊行記念イベント

 

【第一部/14:30〜キャッチコピー・ワークショップ】

<本の帯をつくろう>結果報告!

ワークショップの前半30分は、コピーライターで数々の賞を受賞されている日下慶太さんによるキャッチコピーの作り方講義。「何をどう伝えるか」をスライドを使ってとてもわかりやすく説明してくださいました。笑いの絶えない講義の後は、皆さん真剣な実践タイムへ。ひとりずつ作品を見てまわり、それぞれの良さを引き出すような日下さんのアドバイスはさすがでした!

↓そして日下さんが選んだ優秀作品はこちら!

(クリックすると大きくなりタイトルなど詳細が見れます)

これらの本は、実際にこの帯を巻いて、石引パブリックでも販売します!(4月下旬〜6月頃まで)

それぞれ帯の裏にも面白〜いコピーが続いていますので、ぜひ店頭でお手に取ってご覧ください。

日下慶太先生、ご来店いただいた皆さま、ありがとうございました!!


2019年4月14日(日)

日下慶太『迷子のコピーライター』刊行記念イベント

 

【第一部/14:30〜キャッチコピー・ワークショップ】

日下慶太

本の帯をつくろう

 

【第二部/17:00〜トーク】

アホがつくる街と広告


【第一部:キャッチコピー・ワークショップ

本の帯をつくろう

コピーや推薦文が印刷され、書籍カバーに巻きついている本の"帯"。表紙だけでは見逃してしまうような本でも、帯のおかげで思わぬ本との出会いに繋がる場合もあり大切な存在です。そんな本の帯を自分で書いて作ってみませんか。ワークショップでは、日下慶太さんにキャッチコピーの考え方から作り方までをレクチャーしてもらい、実際に自分のお気に入りの本の帯を書いて作ってもらいます。

  • 日時:2019年4月14日(日)14:30〜16:30
  • 会費:1,500円
  • 定員:20名(要予約)
  • 持ち物:筆記用具・お気に入りの本

★日下さんが選ぶ優秀作品の帯は後日石引パブリックで実際に本に巻いて

販売させていただきます。※新刊書籍に限ります

 


【第二部:トークイベント】

アホがつくる街と広告

 

広告界の異端児が作る街と広告とその人生。

 商店街のユニークなポスターを制作し、まちおこしを図るというプロジェクトで全国で話題になった「商店街ポスター展」。この仕掛け人であるコピーライター・写真家 日下慶太さんのユーモア溢れるトークをどうぞお楽しみに!

 

  • 日時:2019年4月14日(日)16:30開場/17:00開始
  • 入場料:1,500円(要予約)
  • 『迷子のコピーライター』(¥ 1,782)を当店にてご購入の方は入場無料(事前でも当日でも可)
  • 定員:40名

 



日下慶太(くさか・けいた

コピーライター・写真家

1976年大阪生まれ大阪在住。大学時代にユーラシア大陸を陸路で横断。チベット、カシミール、内戦中のアフガニスタンなど世界をフラフラと旅して電通に入社。コピーライターとして勤務する傍ら、写真家、セルフ祭顧問、UFOを呼ぶためのバンド「エンバーン」のリーダーとして活動している。ツッコミたくなる風景ばかりを集めた『隙ある風景』(http://keitata.blogspot.jp)日々更新。都築響一氏編集「ROADSIDERS’ weekly」でも写真家として執筆中。佐治敬三賞、グッドデザイン賞、東京コピーライターズクラブ最高新人賞、朝日広告賞、ゆきのまち幻想文学賞ほか受賞多数。

●ご予約・お問合せ:お電話 076-256-5692 または下記ボタンより