【11/23(土・祝)トークイベント】

『どこにでもあるどこかになる前に。〜富山見聞逡巡記〜』(里山社)出版記念トークイベント

「北陸・文化系Uターンの現在地」

 

藤井聡子(富山市在住・ライター) ×山崎有邦(金沢市在住・オヨヨ書林店主)

司会・進行:清田麻衣子(里山社)

6年間、東京で編集者をしたのち、08年に故郷、富山へ戻り「ピストン藤井」の名でライター活動を始めた藤井聡子。彼女のUターン後、10年間の歩みと、富山の再開発、街や人について記録したエッセイ集が、10月17日、里山社から発売になります。本書の発売を記念して、ゲストに、本書にも登場する、富山県南砺市出身、金沢の古書店、オヨヨ書林の山崎有邦氏をお呼びします。ネット古書店から始まり、04年から東京で実店舗を構え、2010年に金沢に戻り、再び開店した山崎氏。本書の感想をはじめとし、それぞれがUターンした時の心情、そして現在思うこと、街の変化や、この10年間、それぞれの立ち位置で見てきた、北陸のカルチャーシーンについて語っていただきます。

 

地方都市在住者、出身者、そして地方都市を愛するすべての人々へ捧ぐ、Uターン者による笑って泣ける〝第二の青春〟エッセイ。新幹線も開通し、コンパクトシティをうたう再開発で、一見、開かれた町になった富山市中心部。だが郷愁と個性を失いどこにでもありそうな姿になった町に、08年、30歳直前でUターンしたライター、藤井聡子は戸惑いを覚える。見た目は「開かれて」いても結婚出産を迫る閉鎖的価値観は相変わらず。閉塞感に抗い、失われる町を記録しようとミニコミを作り始めた彼女は、迷い、傷つき、悩みながらも個性的な富山県民に出会い、第2の青春を見つけていく。

 

 

『どこにでもあるどこかになる前に。〜富山見聞逡巡記〜』(里山社)

 1900円+税 

 

 

オヨヨ書林 シンタテマチ店/せせらぎ通り店、石引パブリックでも販売しております。

藤井聡子(富山市在住・ライター)

1979年富山市生まれ。東京で雑誌編集を経た後、帰郷。富山市在住。「ピストン藤井」というペンネームで富山固有の珍妙なスポットや、人の魅力を発掘するライター。2013年に活動レポートをまとめたミニコミ「文芸逡巡(しゅんじゅん) 別冊 郷土愛バカ一代!~ホタルイカ情念編~」を刊行。完全富山ネタで「富山の人に向けて作った」のに、東京のミニコミ好きの間でまず話題になり複雑な心境に。第2弾「黒部ダム怒涛編」、第3弾「新幹線テンパリ編」と合わせ、富山市総曲輪の「古本ブックエンド」ほかで絶賛発売中。フリーペーパー「まんまる」(北日本新聞社)にて映画コラム「まんまる名画座 シネマの名セリフ」連載中。

★当日は、長らく品切れだった著者の藤井聡子が「ピストン藤井」名義で発売しているミニコミ「郷土愛バカ一代!」の1〜4巻全巻も販売!

山崎有邦(金沢市在住・オヨヨ書林店主)

富山県南砺市生まれ。『オヨヨ書林シンタテマチ店』店主。東京の大学在学中に自宅アパートに増える一方の本を通信販売するようになり、古書店をはじめる。卒業後本格的に本を扱うようになり、2004年には店舗を東京・文京区の根津に構え、5年後、港区南青山への移転を経て、2010年からは石川県金沢市へ。2014年に再度移転し、現在は個人商店が多く立ち並ぶ新竪町商店街の一画にお店を構える。姉妹店の『オヨヨ書林 せせらぎ通り店』は、『オヨヨ書林』が東京から移転してすぐに山崎さんとともに働いていた佐々木奈津さんが2011年3月にオープン。どちらのお店も地元に愛され全国からもファンが足を運ぶ、金沢の文化を牽引する重要な拠点となっている。


●オヨヨ書林   
https://oyoyoshorin.jp/


清田麻衣子(里山社)

1977年福岡市生まれ。2000年明治学院大学文学部芸術学科卒。編集プロダクション、出版社勤務を経て、2012年里山社設立。ウェブサイト「マガジン航」において、出版社立ち上げの経緯やその後を綴った「本を出すまで」を連載中。http://satoyamasha.com/



  • 日時:2019年11月23日(土・祝) 開場 15:00 / 開始 15:30
  • 入場料:1,500円 
  • 定員:40名 要予約

※当日は通常営業はお休みとさせていただきます。

 

ご予約・お問合せ : お電話(076-256-5692)または下記ボタンより(イベント名と人数を忘れずにご記入ください)